とても大切なもう一つのチューニング

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 メンテナンス

ベースを弾く前にチューニングをしていますか?


チューニングは音を合わせるための

大切なことです


でも、チューニングをしても

音が合わないことがあります


高フレット(12フレットなど)を弾くにつれて音が合わなくなってきます


原因は弦高の影響らしいのですが、

詳しいことはよくわかりませんww



この高フレットのズレを直すのが

『オクターブチューニング』といいます

または、オクターブピッチ調整といいます


チューニングをしてもギターと一緒に弾くとなんか音がズレている…

高音がどうも音が微妙に違う気がする…

などを感じたら

オクターブチューニングが必要かもしれません



ズレているかを確かめる方法は

1.チューニングをする

2.12フレットの実音と12フレットのハーモニクスをチューナーで調べる


このとき12フレットの実音と

12フレットのハーモニクスが合わないとズレています


ハーモニクスのやり方

ベースにも出せる?意外な高い音!

☆オススメ記事

ドレミ~弾けますか?

ストラップの長さは?

バンド結成までの道のり

//===============================================//

アナタの欲しいベースがきっと見つかる

エレキベース屋さん


ベースラインの作り方伝授します

ベースラインの作り方教本無料プレゼント


1時間で弾けるようになります

ベース無料体験レッスン

//===============================================//

関連記事

no image

メンテナンス ~弦の交換編~

ちゃんと弦の交換してますか? 弾いていると弦も古くなってきて、音もこもったようになってきます なので

記事を読む

no image

メンテナンス~オクターブチューニングのやり方~

チューニングしたのに高音弾くとなんか音がズレた感じがする… バンドでギターと合すと少しズレた感じがす

記事を読む

no image

ベースの弾きやすさに最も影響してくるものとは?

弦高どのくらいにしていますか? まず弦高というのは 弦の高さのことです そのまんまですねw 弦とフレ

記事を読む

no image

ネックの反りを直してみよう!~ネックの反り方編~ 【ベース】

ネックっていつの間にか曲がるの知っていますか? ネックの反りについて簡単に紹介します! ネックには

記事を読む

no image

ハムバッキングの名前の意味知ってますか?

自分も最近知ったんですが、 ハム…ハムノイズバッカー… 壊す って意味だったんですねw だからハムバ

記事を読む

no image

ベースもキレイにして欲しがっているはず!?

弦交換のときに一緒に指板とボディをキレイにしていますか? 弦と一緒にベースもキレイにしてあげたら 愛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • t01650082_0165008211250757146
PAGE TOP ↑