チューニングは必ずしましょー

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 チューニング

チューニングというのは

正しい高さの音が出るように弦を調整することです

ベースは弦楽器なので、弦がちょっと緩まったり、締まったりするだけですぐ音の高さが変わります。

雨とか天気の違いでも音の高さが変わることがあるので

練習するときは必ずチューニングをしてください

チューニングの簡単な仕方は

チューナーという機械を使うことです!

ベースのアウトプット・ジャックと

チューナーのインプット・ジャックをシールドでつなぎます

そしてチューナーの電源を入れます

自分は最初

ベースのアウトとチューナーのアウトをつないでしまい、

チューニングが上手くできなくて20分格闘したのを覚えていますw

弦を1本ずつ弾いて、チューナーのメーターを真ん中にくるように合わせるだけです。

メーターの横にアルファベットが出るのでそれを

4弦=E

3弦=A

2弦=D

1弦=G

の合わせてください

このときチューニングしている弦以外の3本の弦は

指で軽く押さえて音が鳴らないようにしておきます。

これが1番簡単なやり方です

関連記事

no image

チューニングのわかりやすい動画

チューニングのやり方を わかりやすく説明した動画がありました これ見ればチューニングなんて完ぺきで

記事を読む

no image

低い音がもっと欲しいときにするマル秘チューニングとは?

今回はちょっと変わったチューニングを紹介します! ・レギュラーチューニング(普通のチューニング EA

記事を読む

no image

半音下げチューニング

『半音下げチューニング』っていうチューニングの種類があります 普通のチューニングは1弦:G2弦:D3

記事を読む

no image

意外と知らない!?チューニングをするタイミング【ベース】

チューニングっていつしていますか? ちゃんと練習始める前にしてますか? 一昨日ライブがありました

記事を読む

no image

チューナーを使わないチューニングの仕方

チューナーを使わなくてもチューニングは出来ます! しかも耳が良くなるトレーニングにもなります どうや

記事を読む

no image

ハーモニクスを使ってチューニングだ!

ハーモニクスを使ってチューニングすることができます! ハーモニクスのやり方はベースにも出せる?意外な

記事を読む

no image

ハーモニクスを使ってのチューニング動画

前ハーモニクスを使うチューニング方法を説明しました http://ameblo.jp/san3ich

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • t01650082_0165008211250757146
PAGE TOP ↑