ドラムの技をベースに使ってみよう

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 スラップ

パラディドルって知ってますか?


ドラムのスネアの叩き方のこと…だと思いますw

すみません、ドラムは詳しくないんですww


スネアを

右、左、右、右、左、右、左、左とか

右、右、左、右、左、左、右、左とか

交互に叩くのをパラディドルって言うのですが、コレをベースのスラップにも応用します!


以前紹介したときは

パラリドルで紹介しましたが、間違っていました


正確には

パラディドルでした!


Jazzドラマー仙人さんありがとうございました



さらにパラディドルには4種類あるとのこと


右 左 右 右 左 右 左 左
右 右 左 右 左 左 右 左
右 左 左 右 左 右 右 左
右 左 右 左 左 右 左 右

です!



このパラディドルをスラップに使うのですが、

やり方は…


長くなったので次回説明します!w



引っ張ってすみませんww

関連記事

no image

サムピングでいい音出す簡単な方法

「スラップのサムピングがいい音出ない…」 って人いませんか? スラップには サムピングという親指で叩

記事を読む

no image

スラップはカッコイイんだ

ベースの弾き方のひとつ『スラップ』を紹介したいと思います。 別名でチョッパーとも言います。 このスラ

記事を読む

no image

サムピングは叩く位置が重要

スラップのやり方は知ってますか? 親指で弦を叩く サムピング

記事を読む

no image

スラップ動画!

またスラップ動画ですww フレーズがカッコイイ!! やっぱスラップですねw

記事を読む

no image

おもしろいw

この動画もわかりやすいですよ ゆっくりフレーズを説明していますので、必ず弾けるようになりますよ!

記事を読む

no image

ドラムの技をベースに応用出来るの知ってましたか?

前回の続きですドラムの技をベースに使ってみよう パラディドルをベースに応用するやり方です 右のとき

記事を読む

no image

意外と知らない?サムピングにも2通りあること

スラップには親指で弦を叩くサムピングというものがあります サムピングにもサムピング・アップとサムピ

記事を読む

no image

ベースでパラリドル

パラリドルって名前だったかな?w パラリドルっていうのはドラムのスネアの叩き方こと…だと思いますw違

記事を読む

no image

サムピングアップのコツ知ってますか?

あっなんかお久しぶりですw 色々あって更新が遅れました 今回はスラップについ

記事を読む

no image

わかりやすいスラップ動画

スラップのわかりやすい動画発見しました なんてわかりやすい動画だ ベースの音いいですね~w こうい

記事を読む

Comment

  1. SECRET: 0
    PASS:
    パラディドルを応用できるんですか!?!?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    よくわかりませんが
    めっちゃ気になります(`∀´)
    楽しみに待ってます♪

  3. sazanami より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お任せを!
    ドラムは本業ですから!
    パラディドルというのは
    打楽器の基礎練の寄せ集めの
    ルーディメンツっていうやつの一部で、
    パラディドルはルーディメンツの中でも
    比較的ドラムへの応用が
    しやすい技術らしいですヨ!
    他にも色々なパターンがあるので
    調べてみては?

  4. SECRET: 0
    PASS:
    どうやってスラップに応用するのか気になる…
    更新頑張ってください!!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >くらうすふぉあまんさん
    そう!応用できるんですw

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >HiRo次郎くんさん
    楽しみに待ってもらいありがとうございます!w

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >sazanamiさん
    おぉ!すごい!!
    こんなに詳しくありがとうございます
    勉強になりました
    これからもよろしくお願いします!

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >かんとりーまぁむ(株)さん
    スラップに応用できるのがスゴイですよね~
    ベースは奥が深いw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


  • t01650082_0165008211250757146
PAGE TOP ↑