ベースの弾きやすさに最も影響してくるものとは?

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 メンテナンス

弦高どのくらいにしていますか?
まず弦高というのは
弦の高さのことです
そのまんまですねw
弦とフレットがどのくらいあいているか
ということです。
弦高によって弾きやすさが大きくかわります。
弦高をベタベタに下げる人や
弦高を結構高めの人もいるくらいです。
自分は結構高めにしています。
弦高のはかり方は
12フレットにものさしを当てて測ります。
12フレットと弦がどのくらい隙間があるかを測ります。

弦高は好みの問題でもあるので、
「これがイイ!」
というのは言いにくいのですが、
目安として…
1.5ミリ~4ミリの間にしておきましょう。
弦高の調節はまだ今度説明しますね!


☆オススメ記事

ドレミ~弾けますか?

ストラップの長さは?

バンド結成までの道のり

//===============================================//

アナタの欲しいベースがきっと見つかる

エレキベース屋さん


ベースラインの作り方伝授します

ベースラインの作り方教本無料プレゼント


1時間で弾けるようになります

ベース無料体験レッスン

//===============================================//

関連記事

no image

メンテナンス~オクターブチューニングのやり方~

チューニングしたのに高音弾くとなんか音がズレた感じがする… バンドでギターと合すと少しズレた感じがす

記事を読む

no image

ハムバッキングの名前の意味知ってますか?

自分も最近知ったんですが、 ハム…ハムノイズバッカー… 壊す って意味だったんですねw だからハムバ

記事を読む

no image

メンテナンス ~弦の交換編~

ちゃんと弦の交換してますか? 弾いていると弦も古くなってきて、音もこもったようになってきます なので

記事を読む

no image

ネックの反りを直してみよう!~ネックの反り方編~ 【ベース】

ネックっていつの間にか曲がるの知っていますか? ネックの反りについて簡単に紹介します! ネックには

記事を読む

no image

ベースもキレイにして欲しがっているはず!?

弦交換のときに一緒に指板とボディをキレイにしていますか? 弦と一緒にベースもキレイにしてあげたら 愛

記事を読む

no image

とても大切なもう一つのチューニング

ベースを弾く前にチューニングをしていますか? チューニングは音を合わせるための大切なことです でも

記事を読む

Comment

  1. goodtrip より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たしかに人によってまちまちですねー。
    私はかなり低めだと思います。
    2mmは間違いなく超えていますけど。
    弦高高い楽器の良さは張りのある音が出るって面があるので捨てがたいんですよね。
    毎回、プレイヤビリティとのトレードオフで悩むところです。

  2. § より:

    SECRET: 0
    PASS:
    オレは弦低くしてますよ(∀)
    だって高いと痛いじゃないっすかww

  3. 藤堂 千景 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    僕は、ベース始めたころはかなり低かったのですが、最近スラップをやったりしているので
    少し高めにしてます。

  4. アーモンド より:

    SECRET: 0
    PASS:
    俺は結構高いですよ
    何か変わるんですか?

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >goodtripさん
    弦高結構低めなんですね。
    たまに2ミリ以下?くらいのベタベタな方もいますよね。
    弦高がは奥深いです!

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >§さん
    確かに高いと指痛いですよねw

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >藤堂 千景さん
    なるほど~
    スラップをするために弦高を高くしたんですね
    弦高は奥深いですよね

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >アーモンドさん
    弦高を高くすると張力?が強いため
    張った良い音がしますよ。
    でも、押さえにくくなるので弾きにくくなりますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • t01650082_0165008211250757146
PAGE TOP ↑