上手く弾くために意外と関係している○○○○○

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 ベース初心者必見の記事はココ

ストラップの長さどうしています?



ストラップというのは携帯につけるアレではありませんw



ベースでストラップっていうのは

立って弾くときに使うヒモ?のことです



このストラップ意外と長さに困ったりしませんか?

…あぁ、自分だけかw


ストラップを長くしたらベースを低く構える格好になるので

見た目がカッコよくなります


でも、その分とても弾きにくくなります


なので、

ストラップの長さは

立ってもちゃんと弾ける長さにしましょう


見た目にこだわって長くしてベースを低く構えて

上手く弾けないなんてのはやめましょう

☆関連記事

ストラップの長さは?


ロックピンを使用してベースを守ろう!!

関連記事

no image

【ベース】クラシックスタイルのコツ!!

ベース弾くときのフォームってどうしていますか? 親指をネックを握りこむように構えるロックスタイル

記事を読む

no image

TAB…タブ!

TAB譜(タブ)って知ってますか? とっても便利ですよw TAB譜っていうのは演奏するのにわかりやす

記事を読む

no image

メトロノームと演奏!

メトロノーム使って練習してますか? あーその前にメトロノームというのはカチカチと音がなり正確なテンポ

記事を読む

no image

ドレミ~弾けますか?

ドレミファソラシドって弾けますか? ドレミファソラシドの位置はコレです! C(ド) 3弦の3フレッ

記事を読む

no image

弦を押さえる位置って意外と重要です【ベース】

ベースを弾く時にどこを押さえるのがいいのかわかりますか? 例えば3弦3フレットを押さえるとします 3

記事を読む

no image

ザ・スタイル!

ベースを弾くときのフォームは2種類あります ・クラシカルスタイル・ロックスタイル 今回はクラシカルス

記事を読む

no image

パッシブorアクティブ?

チキンorビーフ? みたい感じのタイトルでしたが…(笑) あなたが今持っているベースは パッシブです

記事を読む

no image

アクティブとパッシブ

ベースにはアクティブタイプとパッシブタイプがあります! ちょっといろいろ調べたらとても難しい話がたく

記事を読む

no image

ないしょのベース練習法のコツ教えます

みなさんは普段どんな練習法をしていますか? まぁ正しい練習法はなんてものはないと思

記事を読む

no image

【ベース】あなたの知らないバンドの良さ

バンドっていいですよ~ ってことで今回はバンドを組むとどんな良いことがあるのかを紹介します!w

記事を読む

Comment

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ベース、ギターを低く構えてる人で、きれいな音を出してる人はいないので、嫌いです。
    きれいな音を出すTOPミュージシャンは、やっぱり上の方に構えてますよね!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >仙人 Jazzドラマーさん
    「嫌いです」ズバッと言いましたねww
    レッチリのフリーは低く構えていますよ
    でも、確かに上手い人で高く構えている人は多いですね

  3. *そら* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ベース余り詳しくないん
    ですけど…
    ス、ストラップって?スミマセン…
    本当に携帯のだとおもっちゃったので(*ymy*)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >*そら*さん
    ベースに関するブログですみませんww
    自分も最初携帯のストラップと勘違いしていました

  5. goodtrip より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これは試行錯誤しましたー。最終的には基本に忠実なたってもすわっても同じ長さになりました。長さもあるんですが、ストラップの幅もありますよね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >goodtripさん
    意外と試行錯誤しますよねw
    あーなるほど!
    確かに幅もありますね。気づきませんでしたw
    ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • t01650082_0165008211250757146
PAGE TOP ↑