度数の話

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 音楽理論

度数って聞いたことありますか?


算数じゃないですよw


音楽です



音と音の間の距離のことを

音程

とい言います


この距離を

度数

という単位を使って表します

どういう風に使うかというと

「ドの長6度上はラ」

みたいな感じです


意味不明ですねww

ドレミファソラシドは聞いたことありますよね?

ドから数えて6番目の音、それは

です

だから

「ドの長6度上はラ」

っていうことになるんです

「ドの長2度上はレ」

「ドの長7度上はシ」

ってことです



長っていうのが気になると思います

短っていうのもあります

「ドの短6度上はラ♭」

長はそのまま、

短は半音下の音

ってことです


…わかりにくいですねw


また今度説明します!


今回はちょっと難しい話をしましたが

度数が音と音の距離を表す単位ってことがわかってもらえたら

嬉しく思います!

関連記事

no image

ベースラインの作りかた伝授します  第2回目

ベースラインの作り方講座2回目です え~1回目からどんだけ期間空けてんだよ!って言われそうですwすみ

記事を読む

no image

これさえ弾けばなんとかなる!

自分でベースラインを考えるのって結構難しいですよね そこでこれさえ弾けばなんとかなる!っていう音を紹

記事を読む

no image

ルート音…?

ルート音って聞いたことありませんか? ベースやっていると聞いたことあるかも知れませんがルート音ってよ

記事を読む

no image

ベースラインの作りかた伝授します  第3回目

ベースライン作り方3回目です 前回はメジャーコードとマイナーコードの構成音を使って実際にベースライン

記事を読む

no image

マイナーセブンスの構成音紹介しました【ベースライン作り】

ベースライン作りに役立つ コードの構成音を紹介していくシリーズ!! 今回は マイナーセブンスコード

記事を読む

no image

指板のオクターブの位置

オクターブって聞いたことありますか? ドレミファソラシド は聞いたことありますよね 最初の『ド』と最

記事を読む

no image

全音?半音?

ちょっと今回は難しい話しします ドレミファソラシドっていう音階があります 一番有名な音階ですね あっ

記事を読む

no image

コレされ覚えればバッチリ!ペンタトニックスケール

メジャーペンタトニックって知ってますか? メジャーペンタトニックとはスケール(音階)のひとつです 簡

記事を読む

no image

メジャーセブンスの構成音紹介しました【ベースライン作り】

今回からベースラインの作り方に役立つ コードの構成音を紹介していきます! 今回は メジャーセブンス

記事を読む

no image

完全4度?完全5度?

今回は音楽理論のちょっと難しい話しますw 読んでもわけわかんねぇよって思うかもしれませんがサーセンw

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • t01650082_0165008211250757146
PAGE TOP ↑